セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
11月11日今年最後の練習日。

朝から雨模様でしたが、雨もあがり天気予報を信じてマリンビレッジへ。

 

本日は、ゲストが3組

ロータリークラブのメンバーさんと旧友の妹ともちゃん親子とヨッシーのお友達。

 

雨もあがり少し普段より風はありますが、2人で乗るにはちょうどいい?風。

早速、ロータリークラブのダンディな方々に試乗してもらい楽しんでいただき。

ロータリー

さてさて、ともちゃんのお子さんは、男子の双子ちゃん。

お母さんとおばあちゃんに別れて体験乗船。

ちょっと緊張

乗り出して!

シャイなお兄ちゃんは、一人では無理かと思えば早々におばあちゃんリタイヤで

インストラクターの岡野さんと再度沖へ

弟くんもお母さん降りたら舵持って楽しんで乗ってました。

強力会長結構ヒールしてるんですけど?\(◎o◎)/!楽しんでる様子。

 

一度降りて、セイラビリティ号で強力会長の大湊遊覧(奥ではレース始まってます。)

さて、その間にレースは始まりロータリーのみなさまも観戦して盛り上がり

自分も参戦!303の番頭さんに追いつかず2位。

3位の景山艇を押さえ込みましたが…

 

その後は、再度インストラクターさん同乗のレース初挑戦の兄弟

お兄ちゃんは緊張してますね〜弟君は、余裕の番頭さんと!レースです。

さてさて、本来自分は、このハンデ有りの2艇には、勝てないといけないのですが…

Ko1選手2位帆走中最後の上りでまさかの失速。べべ!

兄弟二人は、12フィニッシュかな?!

 

午後から大阪でのマッチレースが楽しかったらしく伊勢でもマッチ練習会。

楽しいレースが出来そうです。

しかし、風が上がってきてスタートアクシデント!

まさかのハンザでキールが見えるとは!

でも、安心してください沈しませんがびしょ濡れです。

それにしても、景山先生はレースになると容赦なしです。

上手く被せてきます。みなさん先ずは、景山艇を出し抜けるように来年は、練習ですね!

 

午後から風もありヨッシーのお友達も折角来ていただいたのですがちょっと短く切り上げて本日の練習は終了しました。

| 練習 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
第10回ひろしまピースカップ&国際大会

第10回ひろしまピースカップが10月14、15日の両日開催され、セイラビリティ三重からは選手応援団を含め14名が参加しました。


前泊組、電車組、車組と行き方はそれぞれでしたが、1つの県から14名は大選手団す。

今回は、来年の世界大会に向けてのリハーサル大会でもあり海外7カ国の選手も含め、100名余りの選手の参加となり盛大な大会となりました。2.3、303、リバティーを含め50艇が揃えられ、カラフルなセールが一面を埋めるポンツーンも圧巻でした。

こんなにたくさんのハンザの群れは今まで日本では見たことがありません。

三重からも事前に12艇を運び込み協力しました。


 地元中学生の、すがすがしい吹奏楽演奏のオープニングに続き開会式が行われました。

 式では広島県知事、広島市長、スポンサーの広島信用金庫頭取、地元のロータリークラブ会長の方々と短〜い歓迎のあいさつを頂き少し疲れました。


 いよいよ大会の始まりです。午前中2.3、303クラスのシングルからレースが始まりましたが風がない。2メートルに満たず、時折風がお休みになる中2.3シングル・303シングルな何とか2レース実施されましたが、午後からの303ダブルス、リバティーは海上で待機するも結局この日はノーレースとなりました。


この日の第1レース、2.3シングルの結衣ちゃんの走りが素晴らしかった。スタートはもちろん、上り下りも快走。悪戦苦闘する強豪を尻目に堂々のトップフィニッシュ。安田さんは上マークを2位で回りながら、次のマークを間違え痛恨のコースミス、惜しくも8位となりました。続く第2レースにおいても結衣艇は快走、オーストラリアのアスターと終始1,2位を争う息詰まる展開。

しかし、最後のフィニッシュ直前で逆転劇が。トップ2艇が争う隙をついて、小生が(ズル?)賢く1位に、終わってみれば第2レースは1位景山、2位結衣、3位藤本母と三重県勢が独占、翌日への期待が広がりました。

一方303シングルでは第2レースで津の池村さんが2位と健闘しました。

 

2日目は天気予報の予想通りの雨。10月しては例年より寒くて皆震えあがりましたが皆善戦。

結局最終結果は2.3シングルで結衣ちゃんが優勝。1-2-6-1の成績は素晴らしかった。

いよいよ世界デビューこれからが楽しみです。2.3シングルは1位結衣様、2位景山、11位藤本くみ子さん、14位安田さん。303シングルは吉川君4位、池村さん6位、島ちゃん8位、西山さん10位。303ダブルスでは津の伊藤、西山組が2位、口、蒼生組が3位となりました。

三重県勢は上位を占め今年も存在感を示しました。


 選手として参加した方、応援団で支えてくれた強力さん、坂本さん、大野木さん有難うございました。また、広島大学2年生の坂本さんのお孫さん中島すずちゃん有難うございました。

 また、ひょっこりと疾風のように現れ、疾風のように去っていった河合さん、わざわざ遠くまで有難うございました。

 また今回、諸事情でキャンセルとなった水野先生、河芸の小林さん、江戸さん、森田さん、加藤さん、残念でしたが来年は是非参加できることを祈ります。

 

景山

 

| イベント | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
「障がい者海洋スポ−ツ体験会」

水野です。

昨日の体験会に参加された方、ご苦労様でした。

 

9月30日(土)午後、ゴ−リキマリンビレッジで「障がい者海洋スポ−ツ体験会」が行われました。

当初16日に実施の予定が雨のため延期されたイベントです。

16日の時点では26名の参加申し込みがあったのですが、延期のため10名以下となったため、再募集をしました。

その結果、障がい者5名(聴覚障害者1名、車椅子4名)、健常者14名、合わせて19名の参加があり、遠く愛知県瀬戸市からの参加もありました。参加者の年齢は10歳から81歳まで幅広いものでした。

10歳の参加者は度会特別支援学校に通う車椅子の少年でした。

天気は上々で気持ちの良い秋晴れの下、参加者の皆さんに十分楽しんでもらうことができました。

ヨットに関しては、10名数名のセイラビリティ伊勢のメンバ−により、6艇のハンザクラスクラスヨットと救助艇をフルに使用してヨットの楽しさを味わってもらいました。

風も強からず、弱すぎずの快適な好条件で、スムースに運営してもらいました。

カヌーに関しては様々なタイプのカヌー10艇を会場に運びこみました。中にはかつてゴ−リキで製造した木造のカヌーがあり、興味深く拝見しました。

B&G海洋センタ−指導者会と伊勢市カヌー協会の人合わせて6人の方に運営にあたってもらいました。

ゴ−リキは川に囲まれた島の上にあるので、参加者にはその島を一周するコ−スのツアーを楽しんでもらいました。

手旗信号・ロ−プワ−クに関しては、南勢海洋少年団の3名の方に指導をお願いしました。

参加者の方には手旗信号とロ−プワ−クの初歩を丁寧に学んでもらいました。

以上のようにこのイベントは大成功に終えることができました。

皆様のご協力に感謝です。なお、CBCテレビと中日新聞の取材がありました。

放送や新聞記事があると思います。またイベントの模様をドロ−ンにを使って撮影してくれる人がいました。

その映像を一部拝見しましたが、とても魅力のあるものでした。

 

今回は、参加者のTさんから動画いただきました。

Ko1編集↓

| イベント | 20:58 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
『第12回ハンザクラス中・四国大会in牛窓』

9月23日〜24日は、『第12回ハンザクラス中・四国大会in牛窓』

初日のレースのみどころは、何と言ってもおそらく世界初のブラインドセーラのシングルセーリング。
今までのサウンドブイではなく、アプリなどを駆使したもので、目からウロコ。ジャパンの西井さんの目には涙でした。
結果は2レース共問題なくゴールされ、1レース目よりは、2レース目の方が走りも安定する進化ぶり。
「一人でレースに出たい!」と言う10年の夢の実現に大きな一歩だったと思います。

あっ、三重のみどころの1つは、2.3ダブルス強力結衣組の連覇なるか?
連覇を阻む最大の敵は、オーストラリアはフレンドシップで、我らが強力景山組を同点1位で破ったピッコラの竹下さんでした。(竹下さんはスナメリの杉田さんとペア)

2日目は毎年恒例、牛窓神社参拝、オリーブ園からの朝日の出を見て、必勝祈願!?
明石海峡の上にかかる橋から上がる朝日の出を狙った、カメラマンがたくさんスタンバイをしている中、河合さんお薦めの朝日の出を掴もうと頑張ってみるものの、敢えなく惨敗。河合さんからお写真いただきました。
この撮り方、簡単そうに見えて、かなり難しい。

ブラインドセーラーの挑戦は、レース完走どころか、順位が1つ上がっていました!素晴らしい。

結果は

 

2.3ダブルス 優勝 強力、結衣


1-2-1-2と安定したレース。今日の1レース目は3位以下が、15分以内にゴールできずDNFになるくらいブッチギリ。昨年に続き、連覇です。

2.3ダブルス 4位 坂本、河合
1レース目のアクシデントを乗り越え、「やればできるところを見せないと!」と初日最下位から、4レース目にトップをとり、4位に躍り出ました。

 

303ダブルス 2位 西山、蒼生
2-1-2-3で、1-2-3-2の同点で優勝を争った広島頓田親子に着順で負ける、悔しさ残るレースでした。

 

2.3シングル 安田
1-3-2と惜しくも2位。安定したレースをされていました。

2日目にエントリーなしのメンバーで急遽行われた303シングル。
2位 藤本く
4位 島田
広島の平賀先生には全く追い付けませんでしたが、スタートはバッチリ。

帰りは、去年からの恒例、かきおこを食べてきましたよ。食べ始めてから写真を撮っていないことに気がつくほど、ガッツキました。

来月は、広島でワールドのプレ大会。
さらなる三重の緑軍団の活躍が楽しみです!

そうそう、今回最大のお土産はマッシュルーム。
会場入りしたときにもらったパンフレットのきのこを求めて、ダブルス組が工場まで行ってきてくれました。
普段は受注生産の拳骨?ほどの大きなマッシュルームや、生でもおいしいマッシュルームです。

 

 

池田海洋クラブの陶山さんの記事です。

 

| イベント | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
第1回全日本アクセスダブルハンドマッチレース大会

JUGEMテーマ:スポーツ

9月10日第1回全日本アクセスダブルハンドマッチレース大会に参加しました。

 

河芸のバリアフリー祭りの2日目と重なりましたが、河芸にはご無礼をして朝6時過ぎ河芸の小林さんと海の学び舎を出発。

 

前夜の越の寒梅と赤ワインの余韻を残しながら大阪に向かいました。伊勢から走ってきた寺西、西山チームと北港ヨットハーバーで合流。快晴,風は2m弱とやや物足りないコンディションでしたが、14チームの参加でトーナメント方式でのレースが開始されました。新しく購入した2隻も含めて、303が6隻。


2艇ずつが5分間隔でのスタートです。

1レース終わったら対戦艇を交換してもう1レース。

各2レースで勝敗を決めます。

1勝1敗だったら?決着はジャンケン‼︎です。

 

三重チームは2組とも順調に2回戦とも突破。準決勝進出を果たしました。

 

準決勝レースを前に、寺西さんがいらぬ心配事を一言。決勝が三重チーム同士の対戦になったら大阪に悪いな!!と。

この捕らぬ狸の皮算用がまんまと的中。寺西、西山チームはここで準決勝敗退の浮き目に。

 

3位決定戦ということになりました。兜の緒を締めてかからねば。です。

 

一方の冷静な小林、景山チームは決勝進出を決めました。決勝は大阪のキューピー親子との対戦になりましたが苦戦しながらも逆転もありめでたく優勝を果たしました。

影山・小林ペア

1位小林、景山チーム

西山・寺本ペア

3位寺西、西山チームという結果でした。


初めてのマッチレースでしたが、いつものレースとは違う難しさと面白さを味あうことのできた大会でした。

今後は伊勢での練習に取り入れても良いと思います。
最後は懇親会で焼肉をいっぱいご馳走になって帰りました。
大阪の皆さんに感謝です。

 

景山

 

ここから松阪寺西です。


西山さん景山先生に大阪連れて行ってもらいました。
マッチレースということで興味津津先生に前もっていろいろ教えてもらってレースに臨みました。

合計8レースを戦い結果は3位一時はは本気で三重で1,2フィニッシュ皮算用準決勝はスタート直後に学生さんのディンギーに行く手を塞がれ早めのタッキングという大チョンボ。

 

後で西山さんにあそこはスタボーと叫んで直進が正解とレクチャーを受けました。 
前回といい今回といいどうも大阪は学生さんと相性が悪いようです。

 

でも今回西山さんと組んでのレースで大変勉強になりました。少しは上達したかも?

景山先生の決勝戦最後のレースは、鬼の景山の異名を取る先生の素晴らしいものでした。

 

スタート直後相手の前を通過するやいなや即抑えのタッキング相手が嫌って反対にタックするもそく間髪を入れずにタッキング3,4回これを繰り返すうちに上マーク回るころは大差がつき先生の完勝のレースでした。先生 鬼走り勉強になりました。
西山さんお世話になりました。私のお尻は無事でした。

 

鬼ではありません、ほとけの景山(福山雅治)

| イベント | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP