セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
2018ハンザクラスワールド参戦記(3)

遅くなりました。大会3日目の模様です。

天気は良いが、風の方は・・・。

 

※公式ホームページはこちら

http://2018hansaworlds.com/i/index.html

 

 

レース2日目はダブルスから開始。

1日毎に入れ替わりとなります。

 

 

本日は、幸運な事に観覧艇に乗艇出来ました!!

来賓の方々が一緒で、大分緊張しましたが・・・。

 

さあ、レース観戦!という事で海面へと繰り出した

のですが、昨日の午前中より、更に風が無い状態。

303ダブルスはレース開始したものの、早くも

雲行きが怪しい状態に。

 

そんな中でも頑張る三重チーム。

目の前で、強力会長&景山先生が、1週目の

サイドマークを回っていきます。

 

 

 

 

 

 

比較的よく撮れたのですが、如何せん望遠が足りない(困)

艇の方も、これ以上近づくとレース運営に影響する様な

状態で、これが精一杯でした。

 

 

その後に続く艇たち。

この時、三重チームは中団グループくらいの位置

でしたが、総数43艇ですので、まだこんなに

後続があります。熾烈です!

 

 

 

 

レースは下マーク回航前に、コース短縮となり

次の上マークでゴールとなりました。

風が上がらないので、どうしようもありません。

 

 

結局、この後の2レース目は中止となりました。

 

 

ダブルス⇒シングルの交代の合間、

昼食休憩の様子。

 

レセプション会場が、そのまま休憩場所

として開放されていました。

このブログ記事も、結構な量をこの会場で

書いてます。

(パソコン持参の番頭です)

 

 

シングルのレース準備前の1ショット。

 

 

今回、海面が良く見える堤防の上に、観覧席が

設けられています。

各国の方々が、思い思いのスタイルで観戦を

楽しんでました。

この時だけ見ると、どこか異国の風景にも

見えてきます。

国際大会、素晴らしいです!!

 

 

この時、時刻は14時を少し過ぎた所でした。

番頭はこの日のうちに帰る必要が有り、

泣く泣く会場を後にしました。

 

お別れの挨拶をした後、かなり長い間残って

いた為、一部からは「まだいたの!?」

と言われたり。

 

だって、お祭りの途中で帰るのはとっても

悔しいじゃないですか(苦笑)

 

 

会場を後にした番頭は、広島市街へと向かいました。

 

この日は三重とピッコラの皆さん、岡山チームで

一緒に夕食を食べよう、という話になり、早めに

移動したのでした。

 

折角なので、会場の下見込みで、市街を散策。

 

 

 

すぐ近くだったので、数年ぶりに原爆ドームへ。

昔、この前で記念写真撮りましたっけ。

 

今の所、世界は変わらず平和です。感謝。

 

 

夕食の風景。

 

皆さん、本日は一足早く帰る番頭の為に

お集まりいただきまして、誠に・・・

えっ、違うの!?

 

それにしても、途中で帰るのは辛いですねぇ。

とにかく残念です。

 

みんなの健闘を祈りつつ、人生初の路面電車に

若干うろたえながら、広島を後にしました。

広島駅20:01発⇒11:04には

白子に無事帰着。お疲れ様でした〜。

 

番頭のレポートはこれで終了ですが、

現地から続報あれば、直ちに更新したい

と思います。

 

どうぞ、PCはそのままで、ね!?

| イベント | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
2018ハンザクラスワールド参戦記(2)

大会2日目、いよいよレース本番の開始です!!

 

※公式ホームページはこちら

http://2018hansaworlds.com/i/index.html

 

 

本日は午前中にシングル、午後にダブルスの

レースが行われました。

 

 

午前中は微風〜無風の為に、スタート延期に

なるような状況。

 

シングルは1レースのみの実施でしたが、午後は

風速5〜6Mと上々のコンディションへ。

 

 

宮島方面、南からの風が常に吹く中、観覧席側が

フィニッシュラインになる、観戦には最高の

条件下で、2レースが実施されました。

 

 

近隣でイベントがあった関係か、一般の方の

観戦も多かったです。

 

レース状況の実況もありましたね。

今までにない大会の様子は、見ていてとても

楽しかったです。

 

 

<本日のセイラビリティ三重>

 

 

 2.3シングル

  結衣ちゃん…2位 西山さん…11位

 

※303シングル

  池村さん…(未確認)

  蒼生くん…9位(未確認)

 

 303ダブルス

  強力さん&景山先生チーム 18位

  竹下さん&坂本さんチーム 19位

  水野先生&ありスタチーム 33位

 

 ※セイルナンバーのみの結果公示で、正確な

  順位が不明でした。

 

  明日以降、確認出来れば更新します。

 

(2018年10月14日 番頭)

| イベント | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
2018ハンザクラスワールド参戦記(1)

 

2018ハンザクラスワールド

&インターナショナルチャンピオンシップ、

いよいよ開幕です!!

 

※公式ホームページはこちら

http://2018hansaworlds.com/i/index.html

 

24か国の選手が、この広島へ集まり、8日間に

渡って、その技量を競い合います。

 

ハンザクラスのワールドシリーズが、アジア圏で

開催されるのは、これが初めて。

当然、日本初開催です。

 

 

物凄い数の艇が、瀬戸内海へ駆け出す時を

待ってます。

 

この大会の為に準備された艇を含め、その数は

総勢で50艇以上となります!

 

 

参加艇の計測、プラクティスレースが終わり、

気づけば夕刻。

 

幸いな事に、大会期間中は好天が

見込まれています。

 

 

夕刻より、開会式が盛大に執り行われました。

 

広島あびの会のなゆたちゃんより、

心のこもった開会宣言がなされました。

 

要介護者の自分にとって、ハンザは生きる希望

だと、ここにあつまった人たちにとっても、

そうであって欲しいという言葉を聞いて、

番頭はちょっと涙ぐんでしまいました。

 

メロディのクルー候補として、いまは尾鷲で

頑張っているK君の誘いで、セイラビリティの

手伝いを始めて十数年。

こんな言葉をいただける程に、活動は日本に

根付きました。

 

今回は、広島の皆さんがこの様な形にして

下さった訳ですが、我々も含めた、全国の仲間の

力添えも、それを大きく後押ししたものと

思っています。

 

この大会が、携わるすべての人にとって

幸せな時をもたらすものであって欲しい、

と願って止みません。

 

 

 

 

瀬戸内を染める夕日の中、続くレセプションも

盛り上がりました。

フランスの選手が飛び入りで歌うシャンソン。

みんなで歌って、トレインを作って行進。

オリンピックとかも、現地ではこんな感じ

なのでしょうか。

 

      ・   ・   ・

 

多くの人の力添えの元、障害者とサポーター

の誰もが楽しめる

ハンザの祭典が遂に始まりました。

 

明日から、どんなドラマが繰り広げられる

のでしょうか。

 

(2018年10月13日 番頭)

| イベント | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
夏休み子ども体験ツアー4日目(その2)

今にも雨の降りそうな日でしたが、決行!

と言うことで一路大湊へ。

 


早々と皆さんのお陰で準備完了。

午前中は練習といっても伊勢はいきなりレースが

始まるのです。

 

今日は最年長の○○ぐちさんと最年少の

蒼生くんの参戦。

 

レースは楽しく進んでお昼を食べる頃は皆さん

大満足のご様子。わたしも最年少くんに勝って

(勝った筈)大満足。蒼生くん僕の勝ちだよね?

 

 

午後からは雨も降らずに体験ツアーが楽しく

行われました。ヨット的には風がまったくなく

水面も鏡のように穏やかしばし顔を映して

白雪姫ごっこをしておりました。

 

 

でも子供さん付き添いのお母さんお父さんは

たいへん喜んでくれました。最後まで雨は降らず

私の日頃の行いの良さが証明された1日でした。

 

(2018年8月20日 松阪 てらにし)

 

| イベント | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
夏休み子ども体験ツアー4日目(その1)

夏休み子ども体験ツアー4日目、気温は高いものの

カラッとした青空のもと後半戦がスタート。

 

 

若干風が強めのため、ひと巻リーフしての体験ツアー

になりました。

お盆のためか少々人数が少なめ?、子供たちも初めは

大人しい印象を受けました。
インストラクターのおじさんたちに目を向けると、

お盆で孫のおもりに疲れたのかテンションが低め、

決して、子どもの引率がお父さん中心だったことが

原因だとは思いたくないのですが………。

 

 

しかし、はじまってしまえば子どもたちはあいかわらず

元気に楽しんでいた様子、風にも恵まれ、おじさんたちも

子供たちの笑顔にご満悦、ご機嫌なうちに終了することが

できました。

 

(2018年8月17日)

| イベント | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
伊勢湾オープン

伊勢湾オープンの朝は早い!
7:30からエンジン全開でみんなが動いて…早々にバテバテ。

レース海面が遠いので、10:30のスタートに向けて9:30にポンツーンを出る!
普段の伊勢では考えられないね。

今年は2レース。
ディンギーの部Bクラスは303(ダブルス)が4艇、2.3(シングル)が17艇、OPが4艇の25艇。
ちなみにAクラスと同時スタートなので64艇でヨーイドン!でした。

1レース目は、リコールなしのきれいなスタート。
アウター側から飛び出す我等がスーパーZ Z。
でも、一番目立っていたのは、ピッコラの鈴木さん。最初から最後まで独走でした。

2レース目は、大阪の住谷さんがギリギリでリコールを免れいいスタート。
その後ろを西山さんがあり得ないスピードで追い付いて、下マークまで2艇でデットヒート?してました。
初レースの岡野さんもいい感じで上マークを回航!
コース取りかな?気がついたら結衣がするするっと住谷さんに続いて2.3で2位フィニッシュ。
この段階でタイムリミットまであと数分!?
結果16艇中8艇以下がDNFになる大波乱の結果となりました。

風は3〜4と弱めな感じでしたが、潮の流れがきつい(らしい)レース海面だったようです。
そして、なんとなーく体調が優れない選手も…。
合言葉は『熱中症には要注意』ですよ〜。

真剣勝負だけど、みんなの笑顔がとっても素敵でした!

くみ子

| イベント | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
第11回目 三重県ハンザクラス交流大会

今年も8月4日に第11回目の三重県ハンザクラス交流大会を津ヨットハーバーで開催することができました。
県外からは、東京、横浜、江の島、埼玉、大阪、岡山、広島からの障がい者、健常者セーラーの参加があり、地元三重のボランティアの応援をいただき総勢110名の大会となりました。


今年は例年になく県外からの申し込みが多く、三重からは1名の選手しか出場できない状態となりましたが、これは三重大会の人気の証明と開催者一同うれしく思っています。
レース当日は肌を焦がすほどの快晴の中、風力3〜5m、波高1〜1.5mの絶好のハンザ日和となりました。


三重大会は他県と違い、広い海域で十分な長さのコースが取れるのも人気のあるところですが、熱中症の事を考慮した長さにして3レースとしました。


今年も一人の病人も出ず、病気ではないレースに「熱中」していただけたことが、主催者として何よりうれしい結果となりました。

来年以降の大会も多くの方々に、安全で楽しい三重大会にしたいと思っています!!

強力

| イベント | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
大湊小学校6年生の体験イベント

今日のブログ担当は結衣です!

 

今日の朝は潮がすごく引いててとても面白いマッチレースができた。
午前中のマッチレース
始めは姉弟対決‼


もちろん私の勝ちwルールで抑えつけたら拗ねました…。
次はバイク井上さんと対決‼


レースの途中にマッチレースで勝つ方法を教わりました。
岡野さんとの対決はスタート勝負!


心臓に悪いレースでした…。
最後にラスボスの景山先生があらわれました!


先生とガチレース「うん、勝てない」と半分諦めてた下マーク。ゴール間際に先生がはまって抜けなくなり勝っちゃった。
気分がいいから勝ち逃げしちゃったー。
勝ち逃げした後に水野先生と坂本さんが参戦
5艇でレースをしました。

午後から風が強くなってちょっと大変…。
私は坂本さんとワイワイ楽しくレースに参戦しましたー。
大湊小学校の6年生が9人と先生。
先生の方が多かったことにびっくり。
風が強くてワーキャー言いながらも楽しそうに皆乗ってました。
写真を撮り忘れてた…。

| イベント | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
伊勢市主催、夏休み体験ツアー2日目!

今日も酷暑。
伊勢市主催、夏休み体験ツアー2日目です。

午前中、連日の酷暑対策をしました。
ゴーリキで、エアコンの効いた部屋を用意してくださり、クラブハウスの窓やサッシを掃除しました。
取り外した窓、熱くてはめるのに一苦労。一番の重労働でした。
午前中は午後に備えてのんびりするはずが、気がついたら 最近流行り?のマッチレース。
攻めすぎて座礁する艇が!みんな負けず嫌いです…。
マッチレースなのに4艇!?って場面がチラホラ。まぁこれもこれでありなのかな?

お昼からは体験ツアー。
子ども14名、大人9名の参加者に楽しんでいただきました。
始まりの挨拶 会長
303に乗っていた私は、親御さん対応が多く、お子さんの写真撮影班!

・怖いとべそをかいていたのに、15分後にはしっかり舵を握っていた女の子。←わからなくて不安だっただけだね。

・カメラを向けると必ず変顔をする兄妹。←変な顔の写真ばっかりなんです…と肩を落としながらも写真を撮られるお母さん。
・アニメやゲームの話で盛り上がる男の子達。←盛り上がるとこそこ!?
・お母さんの方が楽しくなって、撮影対象のお子さんを見失う…。←数年前の私にそっくり。


普段はテント下で行われるロープワークは、涼しい部屋で開催できたし、誰も調子を崩して倒れることなく過ごせて良かった!
ロープワークで「万力」を教えてくださいと熱心なお父さん。
残りの体験会も、体調管理や暑さ対策をしっかりして、みんなで楽しみましょう!

最後のミーティング 話題は熱中症。
今年の合言葉は『熱中症には要注意!』です。 くみこ

 

 

 

梅雨も明けて真夏の太陽が照りつける中、久し振りの活動日となりました、午前は南勢就労支援センターの皆さん14名がマイクロバスで到着、会長の挨拶の後早速乗船して頂きました。
                 

皆さん初めてのセイリングとのことで最初はおっかなびっくりでしたがすぐに慣れてワーワキャーキャー大喜びでヨットを楽しんで頂きました。
 
午後からは鳥羽商船学校のヨット部の生徒3名及び引率の先生、体験搭乗の5名をお迎えしての練習となりました。
無事体験搭乗を済ませた後はみんなで早速レース開始.勝ったり負けたりでしたが本日初めてヨットに乗ったという学生さんもソロでレースに参加なんとスーパー爺を尻目に1位獲得。
さすが若い力はすごいと爺いは実感した1日でありました。

商船の学生さん先生は最後の撤収まで頑張っていただきありがとうございました。
 
練習後は有志で二見のお好み屋で結衣さんの無事の帰国と彼女のハンザオーストラリアナショナルチャンピオンのお祝いをオールフリーで乾杯、楽しいひと時を過ごしました。

乾杯 セイラビリティー  これからもよろしく。                          

SPZZ寺西

| イベント | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
伊勢市主催 2018夏休み子ども体験ツアー in GMV

 今年も始まりました、大人気の夏休み子ども体験ツアー!!

 723日、子供16名大人12名合計28名の参加を得て、概略以下のスケジュールで実施しました。

 セイラビリティ伊勢の参加者は9名。酷暑の中、全員、頑張りました。

  13:20 みずき到着

  13:301430 A班 ヨット体験とロープワーク体験  

  14:301530 B班 ヨット体験とロープワーク体験

  半分の班は大湊海岸に向かい、大湊の歴史を学び、大湊海岸の見学をしました。

  こちらは大湊振興会の担当です。

 24日、817日、20日、21日、22日と続きます。

 

 その様子を簡単に紹介します。

 

みずき 到着 ワクワクしているみたい!     

強力会長のご挨拶 

 

楽しそうですね――                

うまい具合に並んでくれました           

ロープワーク 難しいね――

でも、わたし 出来ちゃった!!

さようなら―― また来てくださいね――     

私たちは明日に備え、後片付けです。

 

 

| イベント | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP