セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
伊勢市障がい者サポーター制度発足式

JUGEMテーマ:日記・一般

水野です。
 本日午後、表題の発足式、記念シンポジウム、障がい者サポーター研修会が、ハ−トプラザ御園で開かれました。

発足式では障がい者サポート企業・団体として認定された15の企業、団体に伊勢市の鈴木市長から認定書が交付されました。

認定番号は受付順ということで、セイラビリティ伊勢は岩戸屋に続き、No.2となりました。

伊勢市のHPにアップされます。

認定証は強力会長が壇上で受け取りました。その後、シンポジウム、研修会が開かれましたかれました。

研修会修了者は書類を提出してサポ−タ−として登録され、サポ−タ-バッジを交付されました。

野口です。

市長の気持ちが伝わって来た発足会でした。
十数年前市長になる前のスズケン秘書と一緒に近鉄乗り継いで車いすマラソンを見に行った事を思い出します。
あの頃、見えなかった障害者が、今の市長には、見えていると思います。
障害者も今は、障がい者に変わってきてると思います。

表に出てくる障がい者のサポーターが増えるといいですね。
またまだ、出てこれない障がい者の為にも、いい一歩良い一日であったと思います。

 

強力会長より

伊勢市では今年度、これまで障がいについて知る機会がなかったり、障がいのある人と接する機会がなかった人にも、障がいの特性や必要な配慮を理解してもらうよう、「障がい者サポーター制度」を三重県で第一番に創設しました。
それに際し私たちセイラビリティ伊勢がサポーター団体として、12/17に伊勢市長より認定証をいただきました。

 

http://www.city.ise.mie.jp/14626.htm

 

 

| イベント | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
オーストラリア『フレンドシップカップ』2016(後半)

 

 

それでは、後半戦行ってみようか!

 

 

これは28日の朝、先行帰国する皆さんをお見送りする際の写真。

 

 


ごらんの通り、番頭や三重メンバー以外にも、たくさんの方に
お見送りをいただきました。感謝感激です。


お見送りを済ませた後、西山さんに昨夜の様子を伺いました。

昨夜は番頭が起きてる間には、お帰りではなかった様子。伺うと
「損はしなかった」とのお返事。いや良かった。

西山さんの飽くなき探求心には、本当に頭が下がります。
でも、ほどほどでお願いしますね。


さて、28日はキャンベラからNSW州の最南端近いベイトマンズ湾へ
移動し、そこで最後の宿泊となります。

 

参考までに28日〜29日に通った道の図解を載せておきます。

単純な行程でしたが、実際は結構な距離を移動しています。

 

 

 

途中、古い街並みが残るブレイドウッドという街を
経由し、羊の毛刈りを見学します。


こちらがブレイドウッドの街。

 

 

後から知りましたが、1800年代から続くオーストラリアの開拓時代の
建物も残る歴史ある街との事。

 

 


何というか、アメリカの西部開拓時代チックというか、バックトゥザ
フューチャーのヒルバレーにそっくりな雰囲気。

街角からいまにもマーティが飛び出してきそうでした。

 

さて、こちらは街はずれで見学した羊の毛刈りの様子。

 

 

 

オーナーさんが4頭の毛を刈ってみせて下さいました。
1頭辺り4分弱程度でしょうか。すごい手際の良さでした。
今は毛刈りに最適の季節とのお話。


その後、オーナーご一家お手製のサンドイッチをいただきました。
お肉とソーセージとハンバーグがいただけたのですが、お肉は早々に
売り切れ。でもハンバーグがとても美味しかったで無問題。

 


去り際に、テリーさんから我々にプレゼントが。中身は靴下でした。
最後までありがとうテリーさん。大事にします。

 

 

さてさて、牧場を後にし一路ベイトマンズ湾へ。

 

長い山道をバスで進んでいきます。私の感覚では、山高は600〜700m
くらいとみました。ちょうど伊勢志摩スカイラインを通っている様な
感じ。(※ブレイドウッドが650m付近です)


ベイトマンズ湾へ到着。

 


この景色、一瞬、英虞湾にでも来たかと思いました(笑)

この日の宿は海辺のモーターロッジ。
目の前に湾が見える、とても良い立地でした。


実は番頭は、この地にある期待を賭けておりました。
何かというとそれは…南十字星!

南半球に来た以上、見たいでしょやっぱり。ですが…。


…何でこの日だけ曇→霧雨なのサ(涙)

結局、南十字星を見ることは叶わなかったのでした。

 

ちなみに、西山さんのお話によると、そもそも見てもどれがそう
なのか判らないくらい、見つけるのが難しいとの事で
「気落ちする必要無し」との教え。残念です…。

 

その西山さんも、当地には目的の施設が無かった為か心なしか
寂しげなご様子。無念ですよね、やっぱり…。

 

 

最後の夜は、江の島の竹下さん他のメンバーと、藤本さんの
記事にもあった「うすのろまぬけ」というトランプゲームで
白熱した時間を過ごしました。

このゲーム、その人のキャラがモロに出るんですよね。
気が早かったり、慎重だったり、策士ぶりが際立ったり…。
番頭もしっかり「うすのろまぬけ」をいただきました。
結局、23時過ぎまで飲んだり遊んだりで夜が更けていきました。

 

 

29日、最終日です。

 

この日も朝から曇りで、当初の予定にあった動物園をキャンセルし
一路ノゥラへ向かうことになりました。
ここには、我々の艇の故郷があるのです。


途中、ショッピングセンターへお立ち寄り。


皆、思い思いにお土産を購入してました。

番頭は、お菓子とサーフショップで見つけたこんな帽子を購入。

 

 

気分は某考古学の先生、でしょうか。


さて、到着しましたノゥラ。

海や湖の傍ではなく、普通に街の郊外にありました。
ハンザセーリングの看板が目印です。

 


オーナーのクリス・ミッチェルさん。
この方がすべてのハンザディンギーの産みの親な訳であります。

 

 

工場には、なんとトリマラン仕様のハンザが!?

 


入口の試作艇に続き、ほぼ量産仕様の艇が製作中でしたね。
これ、日本にも来ないかぁ。

 

工場見学では、景山先生と西山さんが興味津々のご様子でした。

やはり、こうゆうのが気になってしまいますよね〜。

 

私も内部の写真とか、参考用にたくさん撮らせてもらいました。

 

 

 


西山さんは、伊勢のディンギーを補修する為の部品を買えないか
交渉して下さいました。クリスさん、OKと言いつつおもむろに
原材のパイプを切り始め、切り出したものを僕らへ。

曰く「原材を渡すので、穴あけとかは自分で加工しなさい」との事。

ご親切にありがとう!

 

これで、伊勢の艇もバッチリ補修出来そうです(キリッ)

 

ここでも手作りのサンドイッチとケーキをごちそうになりました。
ありがとうございました!


最後にクリスさんの奥様(車いすの方でした)のご挨拶をいただき

記念写真を撮ってお別れしました。


その後はいよいよシドニーへ。旅の終わりが近づいて来ました…。


ちょうどキャンベラ経由で一周して帰ってきました事になります。
バスと運転手さんともお別れです。お世話になりました。


シドニー国際空港にて旅の仲間は解散。

 

三重組は香港経由なので、他の皆さんはとここでお別れです。
会長に替わって皆さんへご挨拶。また来年お会いしましょう!

 


さて、場面は飛んで早朝の香港国際空港。
朝5時なのでほとんどお店も開いてなかったです。

 


行くときは見えなかった景色が!

 


その後、予定通りに中部空港へ到着。
メンバー全員で若鯱屋のきしめんを食べた後、伊勢組は
AJUの皆さんと別れ、高速船で津へと向かったのでした…。

 


         *     *     *


最後にまとめを。

 

まずは、2年前の「オーストラリアへ行こう!」宣言の時から、
大小様々な段取りをいただいた広島の沖田会長、ジャパンの
西井さんや各団体の取り纏め役、特に三重の西山さんに、改めて
お礼を申し上げます。

 

また、この記事をご覧かどうかは判りませんが、テリーさんを始め
とする現地の皆さんにも感謝致します。

 

おかげ様で何とも夢のような、楽しい7日間を過ごせました。

只の観光ではなく、セイリングという同じ目的を持つ仲間と共に
旅を出来た事は、きっと生涯忘れない思い出になると思います。

 


一方で、レース結果の方はまたまた課題が山積み状態に。

 

淡水+湖という地理的条件以上に、レース戦略の勉強と、やっぱり

基礎的な力が足りませんでした。このあたりは来年、また勉強&練習して

底上げ改善して行きたいと思います。

 

また、事前にフィジカル利用に関する制限ルールを確認して臨んだの

ですが、303シングルでは「背中をハンモックから離して」「体重移動も

普通に行う」という状態で、現実はフルにフィジカルを活用していました。
(極端な例では足を舷に掛けている人もいた)

フレンドシップカップということで、特別だったのかもしれませんが
2年後、オールジャパンで挑む場合、やっぱりこの辺りの確認+対策
も重要になってくると思います。

 

最後にレース及び大会運営について。

 

2年後のワールド開催へ向け、特に課題となりそうな事は、おそらく
艇と選手の情報管理・マッチングになるかなと。

日本からセイルを持ち込みましたが、現地では艇とセイルと選手の
情報が管理しきれず、持て余してしまっている様でした。
希望者以外は運営側でセイルまで準備する方が、適切かも知れません。

 

他にも食事や荷物の管理等、結構違いが見受けられました。
オージーの皆さんの感覚は我々より欧米に近いはずですので、
海外選手への対応に際し、参考になるかと思いました。

 

と、いう訳で遠征記録(後半)を終了したいと思います。
長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

なお、今回使わなかった画像・動画は、また別途記事にして
ご紹介出来ればと思っています。

 

それでは〜。

| イベント | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
オーストラリア『フレンドシップカップ』2016

日本から総勢43人で参加した『フレンドシップカップ』
三重からは強力さん、景山先生、水野先生、西山さん、番頭さん、坂本さん、大野木さん、江戸さん、加藤さん、森田さん、白井さん、藤本くみ子、結衣、蒼生の14人で参加しました。
日本各地からシドニーに24日朝に続々集合、リフト付きの大型バスでホテルまで移動しました。

リフトバス?
着いてからは自由行動。ホテルのすぐ裏手に『セイラビリティNSW』があり、セーリングを楽しませてもらいました。

セーリング1

セーリング2
いい風が吹いていて、海側からオペラハウスを見たり、要塞をぐるりと回ったり、大きなヨットや帆船を見つつ、 ジブセールを番頭さんがウキウキしながら操っていました。
同時に出たもう1つの艇に乗っていた私は、水野先生がジブセールをきっちり操ってくださったので、心置きなく写真撮影に勤しむクルーでいられました。

パークでの昼食は、ハエとの闘いで… 気をつけないと口の中に飛び込んできそう。
早々に戦意喪失させられるほどの、ものすごい数のハエが飛んでいました。

ジャケットを着た西山さんは、夜の町へ消えていき、他のメンバーは足が痛くなるほど徒歩で市内観光?をしましたよ。
夜の街に消える西山さん
夜ご飯の後は、オペラハウスやホテルの夜景を見ながら、テクテクと。10人乗りのリフトタクシーでホテルまで。

サンタオブジェ

オペラハウス

夜景
運転手さんと背中合わせで会話をされている水野先生に、会話は定型文を使えば何とかなることを教わりました。

2日目、早朝から散歩に出たりジョギングをするメンバーがいる一方、現地時間を間違えて慌てて起きた私。

準備ができたら、シドニーからキャンベラへ約300kmのバス移動。
運転手さんが、少しシドニーの観光地を回ってくださったので、バスの中はシャッター音がなっていました。

途中、お昼ご飯とトイレ休憩を挟んで、キャンベラのホテルへ到着。
チェックインをしてすぐに、レセプション会場のラッドフォードカレッジへ。
日本語教師ダイアンの司会で、議員さん?、日本大使館公使の挨拶後に食事をいただきました。
食事の列に並んでいたら突然「セーラームーン知ってますか?」と。セーラームーンの話で盛り上がった後「ヨットに乗る人のことをセーラーと言いますが、日本語では何と言いますか?」の質問に「セーラー?…ヨット乗り?」とまともに答えられず。日本語って難しい。

ホテルに戻ったら、カンガルーに遭遇。一気にみんなのテンションが上がりました。
その後、ホテルから合流のなおちゃんも一緒にスーパーヘ買い出しに行き、各々の部屋に集まり夜の晩餐会。

3日目、いよいよタガーノン湖でレース。

記念撮影


今までに見たことのないような仕様のディンギーがあってビックリ。

2.3シングル2.3バージョン違い2

2.3バージョン違い1
午前はシングル3レース。

レース風景2
午後にダブルス3レース。

レース風景3
レースに出場しないメンバーの希望者は市内観光へ。
風がよく変わる難しいレースでしたが、みんなそれぞれ奮闘していました。
2.3ダブルスでは、我らが景山&強力組とピッコラの竹下&竹下孫組のデッドヒートがかなりの見ものでした。
303は艇が多すぎて、どれが誰だかわからなくなってしまった私です。
レース風景1
ホーンが小さくて気がついたらフラッグが上がっていることがあり、なるべく本部船の近くにいるものの、風が変わったり止まったり、ヒヤヒヤドキドキの連続。
私は、いいタイミングでスタートしても、必ずと言っていい程、下からの上りで結衣に抜かれる残念な結果でした…。

レースの後はレセプションパーティーでバイキングへ。
大野木さんのお誕生日もみんなで祝いました!
そしてここでも姿を消す西山さん。
事前の情報収集にぬかりはありません。
そして、子ども達はホテルのジムでひたすら体を鍛えて?いました。

4日目はダブルスからのスタート。
私はさんざん迷って市内観光へ。
それでも、レースが気になって、あまり頭に入らない…。
1時間半ほどでレース会場に戻ったら、ベタ凪ぎで、2レース目がノーレースになったところでした。
休憩後にスタートしたシングル。
これまた風がよく変わる止まる、強いブローがくるレースでした。 
個人的には1レース目で、スタートバッチリ。上マークではアリスタに先行されたものの、サイドマークで抜き返し、鬼門の下からの上りもバッチリで、気持ちよく1位を取れました。
風が出てきたので2レース目も。
1位のアリスタに1点差の結衣と江の島の原田さん、チーム戦で何とか1位を目指したものの、やっぱり私の登りの下手さで撃沈しました…。
上りの練習を頑張らなきゃ。

ちなみに、蒼生とピッコラ竹下さんのお孫さんは、湖で泳いでいましたよ〜。
濡れたついでに艇を浜?からポンツーンへの移動も手伝ってくれました。
レース中、時々聞こえる楽しそうな二人の声で癒されてたのは私だけかな!?

成績は(敬称略で)、
303ダブルス
2位 平賀達也&裕之(広島)
3位 水野&蒼生(三重)
表彰(蒼生・水野)
2.3ダブルス
1位 竹下&啓大(ピッコラ)
2位 景山&強力(三重)

表彰(強力・景山)
ちなみに、1位と2位は同点でした。

2.3シングル
2位 原田(江の島)
3位 結衣(三重)
表彰(結シングル)
功労賞?に西井(JAPAN)
そして、friendshipカップを広島へ!

フラッグ
懸念撮影2
ホテルへ戻ったら、子ども達はまたまたジムへ。
その前にホテルの裏手に数十匹のカンガルーを見つけたそうです。
さすがにそんなにいると「キモかった」らしい。

夜の懇親会はホテルの隣のレストラン。

大御所整列w
グラスワイン半分でテンションあげあげ、おもてなしの気持ち満載の坂本さん。
最終日にして、やっと交流が進んだ感じの日本選手団とオーストラリアの主要メンバー。
お腹もココロも満腹でホテルへ戻る…途中またまたお出かけの西山さんとすれ違い…。

夜は、セイバビリティ&子ども達とトランプでレース以上の白熱した闘いが繰り広げられました。
あまりの迫力にあっさり一人敗けの私。
「うすのろまぬけ」の称号をいただきました。いいところなしだなぁ。

5日目、強力さん、坂本さん、なおちゃん、藤本母子は一足早く帰途に着きました。
早朝出発にも関わらず、たくさんの仲間にお見送りいただき、感謝です。

そうそう、ホテルからキャンベラ空港へ向かう途中、道路に横たわるカンガルーに遭遇。
ホントに車に轢かれるのね…。

三重の取りまとめをしてくださった西山さんの細かな心配りには頭が下がります。
ありがとうございました。

日本でのレースと違い、日本選手団のみなさんともたくさん交流ができたこと。
言葉の壁を越えてレースや交流ができたこと。
子ども達がそれぞれ、英語や買い物にチャレンジできたこと。
景山先生、水野先生の強さを再確認させてもらったこと。

本当に貴重な体験をたくさんさせていただいて、感謝いっぱいの遠征でした。

この経験をもって、何ができるかな?
2年後に生かすことができるかな?
考えて、実行していきたいと思います。

そうそう、レースのボランティアに、面識はないけど、大学の3級上の同窓生が!
キャンベラで同窓会ができました。
いや〜世界は狭い!

JUGEMテーマ:スポーツ

| イベント | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
オーストラリア遠征初日

オーストラリア遠征組、本日まで事故や怪我もなく順調に過ごせております。

昨日、フレンドシップカップの1日目でしたが、当地の風は大変変わりやすく苦戦中。


キャンベラタイムス紙に私達の記事が掲載されていました!

新聞

| イベント | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
第11回 中国四国大会in牛窓

JUGEMテーマ:スポーツ

強力さん、坂本さん、西山さん、安田さん、瞳ちゃん、藤本くみ子、結衣、蒼生の8人で参加してきました。

行きの高速はあちこち渋滞にはまり、予定よりも大分遅れて到着。
それでも、西山さん持参のポータブルナビの誘導もあり、ちゃんと間に合いましたよ。

初日は2.3、303共に2クラスに分けて予選レース。
弱風で小雨がパラつく中のレースとなりました。
レース1
結果は、見事に全艇A決勝進出です。
レース2
レース後は、本格的に雨が降り始めたので、お出掛けはせず、早々にお風呂に入ってまったりしました。
夜景1
懇親会では、毎年恒例のバイオリンとハープの演奏に飛び入りでオペラを歌ってくださった、スナメリのメンバーに、スナメリのメンバーもびっくり!な一面も。

翌朝は6時出発で、オリーブ園から朝日の出を見て、牛窓神社へ参拝し必勝祈願をしました。
夜景2
その甲斐あってか、2.3では、強力さんと結衣ペアが2レースとも1位の完全優勝。坂本さんと瞳ちゃんペアは5位。
303では、西山さんと蒼生ペアが2位。安田さんと藤本くみ子ペアは4位でした。
表彰2

表彰1
各ペアそれぞれ、課題もありますが、これが良かった!このレース展開最高!という場面があったのは、日々の練習の成果かな。

広島に続き、「三重は賞を取りすぎ」「もらった賞を分けて」という声も…ありました。

お昼ご飯は、帰り道で『かきおこ』を食べるために、各チームからのお土産のお菓子でしのぎました。

そう!今年は、ジェラートではなく、日生のたまちゃんで、かきやえびのお好み焼きを堪能して来ましたよ。
美味しすぎて写真はとってません。
気にる方は来年一緒に岡山へ行きましょう。

| イベント | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
南伊勢町(南島贄浦湾)ヨット体験試乗会

セイラビリティ伊勢の皆さん南伊勢町(南島)贄浦漁港でのヨット体験会お疲れ様でした。

チラシ

10月1日土曜日の朝は雨が降っていて心配でしたが9時過ぎに雨も上がりヨット体験が出来ました。

贄浦漁港

天気も良くなりよかったです。

体験1

橋本

瞳ちゃん

ヨット体験会に参加しいてもらってヨットに乗ってもらった人は、約60人ぐらいの人にヨットに乗ってもらいました。

体験2

体験1

体験3

南島でのヨット体験会でボランティアをしてくれた人図は15の人が来てくれ、ありがとうございました。

私も久しぶりにスキッパーで3人の女性を乗せて楽しかったです。

マサユキ2

マサユキ1

 

セイラビリティ伊勢の皆さんBBQの干物は、いかがでしたでしょうか?

休憩

美味しかったかな?

釣り

また、お願いします。真幸

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

| イベント | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
広島信用金庫杯第9回ひろしまピースカップ

パンフ

2日の23時、新名神の土山SA集合で伊勢から景山先生、西山さん、野口夫妻。

名古屋から江戸さん、森田さん、河合さん、藤本母子が、広島に向けて出発。
スムーズに行きすぎて!?早々に観音マリーナに到着したので、しばしの仮眠を取り、すでに現地入りしていた安田さんと、艤装のお手伝い。
前泊組の強力さん、大野木さんも合流して、セイラビリティ三重の御用達?「かどしま」でお好み焼きを食べてパワー全開。
その後、電車組の坂本さん、番頭さんも合流して、開会式に望みました。

広島は本当にスポンサーがたくさんおられて、来賓の方がずらり。
企業を巻き込んでのセイラビリティ活動、ステキです。
開会式
台風の影響が心配される中、初日のレースが始まるも…風が止まり…1時間海の上で待機、しんどかったなぁ…。

初日は、2.3のAクラス、Bクラス、303のAクラス、Bクラス、2年後のワールド大会に向けてのシングルのプレレース全て1レースずつ。
西山さん

河合さん

シングル

結衣

蒼S

江戸さん

番頭さんS

その後、↓懇親会では、大人げないフライングをするメンバーもいましたが。

大人げない2人

交流

赤福

食事も交流もお腹いーっぱい楽しみました。


2日目は、レースのないシングル出場組は市内観光へ。
心配していた台風の雨風もほぼない中、ゴールドクラスはコース短縮を含む3レース。

ゴールドレース

 

303

2.3

鞭を持って!

藤本・景山

藤本・景山2

あっ景山先生の鬼の一面が、出てる!(゚∀゚)↑

安田・坂本
観覧艇やレスキュー艇の方から「ゴールドのレースはおもしろい」と言われるくらい見ごたえがあったようす。


個人的には、出艇する前の艤装チェックや他艇との駆け引き等、先生から学ぶものが多く、収穫の多いレースでした。
シルバークラスは、風が変わりノーレースとなってしまいました。



結果は、
2.3ダブルス 優勝 景山、藤本くみ子ペア

2.3
303ダブルス 2位 野口、蒼生ペア

303
2.3シングル 優勝 蒼生

蒼
2.3シングル 2位 結衣

結衣
303シングル 優勝 西山さん

西山
303シングル 2位 番頭さん
番頭
緑色のポロシャツが目立っていましたよ〜。

集合写真

藤本

 

 

 

 

追記

303ダブルスの2位に甘んじた原因のKo1です。

今回、303ダブルスは、昨年同様「蒼くん」とのペアであるが、スキッパーは、スタートからほぼ蒼くんの操船の元、戦いました。

蒼操船

大人気なく途中手を出してしまったところもありますが(^^ゞ

Ko1・蒼

2.3シングルの結果のとおり昨年度よりの成長がめざましい素晴らしい頑張りでした。

この結果、三重のメンバーで占めてます。

今回、津のメンバーがほぼいない中のこの結果、三重の選手層は、まだまだ厚いですよ!

結衣ちゃんも蒼くんに前に行かれ悔しい思いをしたようですが、ちゃんと2位に入って速さは健在です。

次回、頑張ろうね!

西山さん・番頭さんお見事です!(`・ω・´)ゞ

 

| イベント | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
みえのスポーツフォーラム2016表彰式

表彰

9月4日の表題の式に参加しました。

リオ五輪に参加した三重県選手の報告会もあり、会場の三重県総合文化センター中ホールは満員札止めの盛況でした。

セイラビリティ三重は、伊賀フットボールクラブ、三重県アーチェリー協会とともに、地域スポーツ推進優良団体として、鈴木県知事から表彰を受け、会場から盛大な拍手をいただきました。

参加者

水野

| イベント | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
南勢体験試乗会の様子を報告

こんにちは。

全体

南勢海洋少年団の主催する「五ケ所湾で海っ子になろう」が本日27日に南伊勢町の五ケ所で開催されました。

セイラビリティ伊勢は大湊から4隻のヨットを提供し、活動のサポートをしました。

又、西山さんの所有するセイラビリティ号を借用し、カッターの移送や警戒艇として利用させてもらいました。

天候は良好、10時前にはヨットやカヌーのテストラン。

カヌー

ハンザ

2

1

その後、多くの子供達や保護者の方々にヨットやカヌー、それにカッターも体験してもらいました。

風も程良く吹き、楽しんでもらえたと思います。2時頃、解散しました。

 

今日の活動の中で最もしんどい?思いをしたのは、カッターの漕ぎ手で乗った番頭と畑さんでしょうね――。

ご苦労様でした。

カッター

カッター2

カッター3

カッター1

セイラビリティ伊勢のメンバーも合間を縫ってヨットやカヌー体験をしました。

マーー、我々のレクリエーションであったとも言えますかね。そうしましょう。

 

セイラビリティ伊勢のメンバーは多数参加しました。

強力、景山、水野、安田、寺西、島田、河合、野口、橋本、田中、眞幸、三井、江崎、川口 

 

お疲れさまでした。

 

かわぐち

 

JUGEMテーマ:スポーツ

| イベント | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
夏の遠足

セイラビリティ伊勢

恒例の海の遠足!

 

二見興玉神社海上参拝
快晴の微風の中2.3,303,J24,シーホッパーとみんなでセーリング。

普段にはない遠出。

 

 

 

今日は二見への遠足、お疲れさまでした。

往きは風が無く、救助艇に曳航してもらうことになりました。

二見の沖で解放され、自力で走ろうとしたのですが、なかなか。

沖から夫婦岩の写真を撮りたかったのですが・・・、時間切れ。

帰りは風が吹いてきて、追い風で、順調順調。

いつかもう一度、沖から夫婦岩の写真、チャレンジしたいです。

| イベント | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP