セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 5月4日練習 | main | 5/18の練習に突如異変が! >>
セイラビリティ江の島アクセスディンギー交流レガッタ2013参戦

どうも、島田@伊勢番頭です。

1週間遅れになりましたが、5月11日・12日の両日に開催
された江ノ島大会の記録をうP致します。


☆1日目

朝5:30に津に集合。その後乗り合いで高速を東へ
440km弱。やってきました江ノ島でございます。

神奈川に在住経験ある番頭ですが、実は江ノ島に来るのは
初めて。ディンギー指南書の写真やビデオでみた覚えのある
連絡橋を渡ってみると、古いながらも立派なクラブハウスが。
東京オリンピックの際に建てられたという事で、本気で
年季が入っておりました。

予定よりかなり早く到着してしまいましたが、江ノ島の皆さん
には暖かく迎えていただきました。ちょうど出廷禁止の指示が
出た所で、開会式の後、懇親会までの予定調整で皆さん大変
そうでした。

我々三重組はというと、空き時間を思い思いに過ごせて、
かえってよかったかもしれません。


番頭はクラブハウス内のショップをのぞきつつ、レストランで
コーヒー飲んでました。中には江ノ島探検にいった猛者もいたり、
よそですが広島チームは水族館まで出かけたりしていた様です。

さて、懇親会。
60名くらい集まってたでしょうか。既に酔っ払ってる人多数。


太鼓の演奏。最初の1音が凄い爆音で、びっくりして飲み物
吹きそうでした。

途中で体験コーナーがあり、津の坂本会長がノリよく参戦。


つられて番頭も参加。上手く音が出てヨカッタ。


この後ビンゴ大会もあって、番頭は2番目当選でスポーツタオル
をいただきました。

坂本会長は1番目当選の方から、友好の印として同じタオルを
貰ってました。これが人徳というヤツでしょうか。


宿泊先に移動後、更に有志による2次会まで開催。


江ノ島の皆さん本当にありがとう。

せっかくなので、番頭も久々にお酒をいただきました。
強力会長は広島(の美人さんの隣)席で飲んでましたね。
実は番頭も人のことはあんまり言えなくて、江ノ島のお姉様
お嬢さん方と楽しく飲んでました。テヘ。


☆2日目

さて、いよいよ本番。レース開始です。


昨日とはうって変わって晴天。しかも程よく強い風の吹く
大変よいコンディション。これは頑張らなければ!

三重からは2.3シングル・ダブルスと303ダブルスにエントリー。

観戦用広場(!?)と思しき場所より1枚。


何というか、リゾートな感じ。こんな所でヨットに乗れる
とか羨まし過ぎです。何よりレース可能な開けた海面に
ディンギー用桟橋から5分もかからず移動出来るというのは
大変便利。練習環境が整ってます。


下マーク回航するアクセス2.3。次々ときれいに
クリアしていきます。


強豪ひしめく2.3ダブルスには三重から3チーム参戦。
写真は強力・坂本両会長チームと井上ご夫妻チーム。
ちょっと苦戦中です。

番頭は303ダブルスに安田さんとペアで出場。当初予定には
無かったのですが、これはエントリーいただいて大正解でした。
太ましい番頭でも、最大8メートル近い風が吹く中であれば
体重を生かしたナイスバランスで何とか勝負出来ます(苦笑)
同乗の安田さんも、本日初303だったにもかかわらず、ジブを
丁寧にさばきつつ、周囲の船の様子をウォッチして下さり、
中々に良い連携でレースを進められたと思います。
安田さんありがとう☆

で、結果発表&表彰式。

2.3はシングル、ダブル共に上位には食い込めませんでしたが、
棄権もDNFも無く、立派にレースを終えられました。

303は加藤さん−山本君ペアが2位!


そして番頭−安田さんペアが3位!


更に団体別特別賞に山本君!


中々ヨットを気に入ってくれたみたいで、今後に期待です。

ご遷宮大会へ向け、何とか面目は保てたでしょうか。
個人的には強めの風に助けられ、久々に公式戦で勝負らしい
勝負が出来ただけでも大変嬉しかったです。

強めの風は、大会運営にも恩恵をもたらしてくれました。
すべてのレースが予定より早めに決着し、しかもDNFが1艇も
出ないという珍しい結果に。10月の三重も、この様な良い風に
恵まれる様、願って止みません。
| イベント | 20:30 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
ご参加ありがとうございました。

セイラビリティ江の島
交流レガッタ 実行委員会 事務局
| 大貫不二夫 | 2013/05/19 10:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sailability-ise.com/trackback/1236670
トラックバック