セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 海の遠足のはずが、中止で通常練習 | main | 『第12回ハンザクラス中・四国大会in牛窓』 >>
第1回全日本アクセスダブルハンドマッチレース大会

JUGEMテーマ:スポーツ

9月10日第1回全日本アクセスダブルハンドマッチレース大会に参加しました。

 

河芸のバリアフリー祭りの2日目と重なりましたが、河芸にはご無礼をして朝6時過ぎ河芸の小林さんと海の学び舎を出発。

 

前夜の越の寒梅と赤ワインの余韻を残しながら大阪に向かいました。伊勢から走ってきた寺西、西山チームと北港ヨットハーバーで合流。快晴,風は2m弱とやや物足りないコンディションでしたが、14チームの参加でトーナメント方式でのレースが開始されました。新しく購入した2隻も含めて、303が6隻。


2艇ずつが5分間隔でのスタートです。

1レース終わったら対戦艇を交換してもう1レース。

各2レースで勝敗を決めます。

1勝1敗だったら?決着はジャンケン‼︎です。

 

三重チームは2組とも順調に2回戦とも突破。準決勝進出を果たしました。

 

準決勝レースを前に、寺西さんがいらぬ心配事を一言。決勝が三重チーム同士の対戦になったら大阪に悪いな!!と。

この捕らぬ狸の皮算用がまんまと的中。寺西、西山チームはここで準決勝敗退の浮き目に。

 

3位決定戦ということになりました。兜の緒を締めてかからねば。です。

 

一方の冷静な小林、景山チームは決勝進出を決めました。決勝は大阪のキューピー親子との対戦になりましたが苦戦しながらも逆転もありめでたく優勝を果たしました。

影山・小林ペア

1位小林、景山チーム

西山・寺本ペア

3位寺西、西山チームという結果でした。


初めてのマッチレースでしたが、いつものレースとは違う難しさと面白さを味あうことのできた大会でした。

今後は伊勢での練習に取り入れても良いと思います。
最後は懇親会で焼肉をいっぱいご馳走になって帰りました。
大阪の皆さんに感謝です。

 

景山

 

ここから松阪寺西です。


西山さん景山先生に大阪連れて行ってもらいました。
マッチレースということで興味津津先生に前もっていろいろ教えてもらってレースに臨みました。

合計8レースを戦い結果は3位一時はは本気で三重で1,2フィニッシュ皮算用準決勝はスタート直後に学生さんのディンギーに行く手を塞がれ早めのタッキングという大チョンボ。

 

後で西山さんにあそこはスタボーと叫んで直進が正解とレクチャーを受けました。 
前回といい今回といいどうも大阪は学生さんと相性が悪いようです。

 

でも今回西山さんと組んでのレースで大変勉強になりました。少しは上達したかも?

景山先生の決勝戦最後のレースは、鬼の景山の異名を取る先生の素晴らしいものでした。

 

スタート直後相手の前を通過するやいなや即抑えのタッキング相手が嫌って反対にタックするもそく間髪を入れずにタッキング3,4回これを繰り返すうちに上マーク回るころは大差がつき先生の完勝のレースでした。先生 鬼走り勉強になりました。
西山さんお世話になりました。私のお尻は無事でした。

 

鬼ではありません、ほとけの景山(福山雅治)

| イベント | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sailability-ise.com/trackback/1236749
トラックバック