セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 第1回全日本アクセスダブルハンドマッチレース大会 | main | 「障がい者海洋スポ−ツ体験会」 >>
『第12回ハンザクラス中・四国大会in牛窓』

9月23日〜24日は、『第12回ハンザクラス中・四国大会in牛窓』

初日のレースのみどころは、何と言ってもおそらく世界初のブラインドセーラのシングルセーリング。
今までのサウンドブイではなく、アプリなどを駆使したもので、目からウロコ。ジャパンの西井さんの目には涙でした。
結果は2レース共問題なくゴールされ、1レース目よりは、2レース目の方が走りも安定する進化ぶり。
「一人でレースに出たい!」と言う10年の夢の実現に大きな一歩だったと思います。

あっ、三重のみどころの1つは、2.3ダブルス強力結衣組の連覇なるか?
連覇を阻む最大の敵は、オーストラリアはフレンドシップで、我らが強力景山組を同点1位で破ったピッコラの竹下さんでした。(竹下さんはスナメリの杉田さんとペア)

2日目は毎年恒例、牛窓神社参拝、オリーブ園からの朝日の出を見て、必勝祈願!?
明石海峡の上にかかる橋から上がる朝日の出を狙った、カメラマンがたくさんスタンバイをしている中、河合さんお薦めの朝日の出を掴もうと頑張ってみるものの、敢えなく惨敗。河合さんからお写真いただきました。
この撮り方、簡単そうに見えて、かなり難しい。

ブラインドセーラーの挑戦は、レース完走どころか、順位が1つ上がっていました!素晴らしい。

結果は

 

2.3ダブルス 優勝 強力、結衣


1-2-1-2と安定したレース。今日の1レース目は3位以下が、15分以内にゴールできずDNFになるくらいブッチギリ。昨年に続き、連覇です。

2.3ダブルス 4位 坂本、河合
1レース目のアクシデントを乗り越え、「やればできるところを見せないと!」と初日最下位から、4レース目にトップをとり、4位に躍り出ました。

 

303ダブルス 2位 西山、蒼生
2-1-2-3で、1-2-3-2の同点で優勝を争った広島頓田親子に着順で負ける、悔しさ残るレースでした。

 

2.3シングル 安田
1-3-2と惜しくも2位。安定したレースをされていました。

2日目にエントリーなしのメンバーで急遽行われた303シングル。
2位 藤本く
4位 島田
広島の平賀先生には全く追い付けませんでしたが、スタートはバッチリ。

帰りは、去年からの恒例、かきおこを食べてきましたよ。食べ始めてから写真を撮っていないことに気がつくほど、ガッツキました。

来月は、広島でワールドのプレ大会。
さらなる三重の緑軍団の活躍が楽しみです!

そうそう、今回最大のお土産はマッシュルーム。
会場入りしたときにもらったパンフレットのきのこを求めて、ダブルス組が工場まで行ってきてくれました。
普段は受注生産の拳骨?ほどの大きなマッシュルームや、生でもおいしいマッシュルームです。

 

 

池田海洋クラブの陶山さんの記事です。

 

| イベント | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sailability-ise.com/trackback/1236750
トラックバック