セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 『第12回ハンザクラス中・四国大会in牛窓』 | main |
「障がい者海洋スポ−ツ体験会」

水野です。

昨日の体験会に参加された方、ご苦労様でした。

 

9月30日(土)午後、ゴ−リキマリンビレッジで「障がい者海洋スポ−ツ体験会」が行われました。

当初16日に実施の予定が雨のため延期されたイベントです。

16日の時点では26名の参加申し込みがあったのですが、延期のため10名以下となったため、再募集をしました。

その結果、障がい者5名(聴覚障害者1名、車椅子4名)、健常者14名、合わせて19名の参加があり、遠く愛知県瀬戸市からの参加もありました。参加者の年齢は10歳から81歳まで幅広いものでした。

10歳の参加者は度会特別支援学校に通う車椅子の少年でした。

天気は上々で気持ちの良い秋晴れの下、参加者の皆さんに十分楽しんでもらうことができました。

ヨットに関しては、10名数名のセイラビリティ伊勢のメンバ−により、6艇のハンザクラスクラスヨットと救助艇をフルに使用してヨットの楽しさを味わってもらいました。

風も強からず、弱すぎずの快適な好条件で、スムースに運営してもらいました。

カヌーに関しては様々なタイプのカヌー10艇を会場に運びこみました。中にはかつてゴ−リキで製造した木造のカヌーがあり、興味深く拝見しました。

B&G海洋センタ−指導者会と伊勢市カヌー協会の人合わせて6人の方に運営にあたってもらいました。

ゴ−リキは川に囲まれた島の上にあるので、参加者にはその島を一周するコ−スのツアーを楽しんでもらいました。

手旗信号・ロ−プワ−クに関しては、南勢海洋少年団の3名の方に指導をお願いしました。

参加者の方には手旗信号とロ−プワ−クの初歩を丁寧に学んでもらいました。

以上のようにこのイベントは大成功に終えることができました。

皆様のご協力に感謝です。なお、CBCテレビと中日新聞の取材がありました。

放送や新聞記事があると思います。またイベントの模様をドロ−ンにを使って撮影してくれる人がいました。

その映像を一部拝見しましたが、とても魅力のあるものでした。

 

今回は、参加者のTさんから動画いただきました。

Ko1編集↓

| イベント | 20:58 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
今回来ていただいた障がいを持った男の子のお母さんが、「一度この子をこのヨットに乗せてあげたかったのですが、思ってた以上に喜んでました。来てよかったです!」との言葉をいただきました。
それを聞いて、来年はもっとこのような体験試乗会をしなければと思い知らされた一日でした。
| O.Goriki | 2017/10/04 7:35 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sailability-ise.com/trackback/1236751
トラックバック