セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 4月28日の練習の様子です。 | main | 5月5日の練習日とComing&Try >>
2018 Melo♪yセーリング

 今年度初のクルーザーです。

昨日からの雨は止みましたが、くもり&風が残ってます。

と言っても5〜6m程度ですので様子みながらの出港準備。

GMVの釣り船は、欠航だそうです。

準備早々燃料パイプソケット破損発見。
セイラビリティ号の借りて出港準備。
あれ?今度は船外機アイドリング不安定で止まってしまう。
西山工務部長の手で調整するも調整しきれず少し煽りながらの出向。
赤玉付近、白波立ってます。(汗
まあ、出るだけ出てみましょうと沖だし。
少しうねりあるものの安定したいい風吹いてますのでセール上げて大湊沖に!
たまに潮かぶりながら小1時間走らせてたらちょっとよそ見した瞬間にうねりで潮のシャワー!
はい、自分と蒼生だけが殆ど濡れず(汗
本日、初乗船の寺西さんも楽しんでいただけたと思います。
もう少し天気よければ最高でしたが、次回よければスナメリなども見れるチャンスあるし、また一緒に沖に出ましょう!
本日は濡れたので終了。お疲れ様でした。
さて、帰りのエンジンのご機嫌は?
ちょっと心配しつつ帰港。
最後のポンツーン手前で「ん?」
西山工務部長すみません調整お願いします。(汗
| 練習 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sailability-ise.com/trackback/1236758
トラックバック