セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 2018江ノ島大会 | main | 5月26日の練習 >>
江の島レガッタ 強力イベント

 

 「強力(ごうりき)」とは、山で荷物を担いで運んだり、道案内をする者と言われているが、江の島では54年前の先の東京オリンピックの頃まで実在していたとのことです。

 東京2020オリンピックのセーリング競技会場となっている江の島は、未だ完全なバリアフリーになっておらず、大津波警報が発令された場合、車いす利用者は自力避難が困難です。そこで去年の11月にジンリキ(けん引式車いす補助装置)を使って、車いすの人たちを江の島神社までの300段の石段を引き上げるイベントをした人たち(NPO湘南ウォーターセーフティ協会)がいました。

 私も「強力」つながりでそのNPO代表から声がかかり、5月12、13日のセイラビリティ江の島レガッタに合わせて、江の島での「平成の強力」イベントに、神奈川や岡山のセイラビリティのメンバーと参加しました。

 我々伊勢のメンバーは野口君を引き上げましたが、道が狭い上に傾斜が急だったので、引く方も引かれる方も大変でしたが、頂上の神社に着くと達成感で爽快な気分になりました。

来年はレース2日目の早朝5:30から決行しようということになりました!

 

タフ・ジャパン 鎌田氏のブログでも紹介しています。

| イベント | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sailability-ise.com/trackback/1236762
トラックバック