セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 第11回目 三重県ハンザクラス交流大会 | main |
伊勢湾オープン

伊勢湾オープンの朝は早い!
7:30からエンジン全開でみんなが動いて…早々にバテバテ。

レース海面が遠いので、10:30のスタートに向けて9:30にポンツーンを出る!
普段の伊勢では考えられないね。

今年は2レース。
ディンギーの部Bクラスは303(ダブルス)が4艇、2.3(シングル)が17艇、OPが4艇の25艇。
ちなみにAクラスと同時スタートなので64艇でヨーイドン!でした。

1レース目は、リコールなしのきれいなスタート。
アウター側から飛び出す我等がスーパーZ Z。
でも、一番目立っていたのは、ピッコラの鈴木さん。最初から最後まで独走でした。

2レース目は、大阪の住谷さんがギリギリでリコールを免れいいスタート。
その後ろを西山さんがあり得ないスピードで追い付いて、下マークまで2艇でデットヒート?してました。
初レースの岡野さんもいい感じで上マークを回航!
コース取りかな?気がついたら結衣がするするっと住谷さんに続いて2.3で2位フィニッシュ。
この段階でタイムリミットまであと数分!?
結果16艇中8艇以下がDNFになる大波乱の結果となりました。

風は3〜4と弱めな感じでしたが、潮の流れがきつい(らしい)レース海面だったようです。
そして、なんとなーく体調が優れない選手も…。
合言葉は『熱中症には要注意』ですよ〜。

真剣勝負だけど、みんなの笑顔がとっても素敵でした!

くみ子

| イベント | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sailability-ise.com/trackback/1236770
トラックバック