セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 8月24日(土)マサユキ | main |
三重県知事との「すごいやんかトーク」

天気は 晴れのち曇り

朝 景山先生にファミリーマートまで迎えに来てもらいました。

9時過ぎにGMV吉川さんがヨットも出してくれていたので横で見ていました。

桟橋に降りて11時前ぐらいに ヨットに乗ることができましたリフトで吊り上げてもらいヨットに乗ることができました。

今回も シングルで乗りました 先週よりも 体の緊張がなかったので シートをひくのも 舵を切るのも 体に緊張がなかったので やりやすかったです。

水がすごくひいていたのでセンターボードがはまってしまい、水が深そうなところでもはまってしまい救助艇に私も1回から2回ぐらい助けてもらいました。

昔の僕なら周りの人や影山先生景山先生に乗るなというストップがかかっていたと思います。

昨日は 西山さんに作り直してもらった背もたれを使ってヨットに乗りましたレースにも参加しました

レース中は風もなく大変でした。

レースは 野口さんが 第1レースは ぶっちぎりでしたマークのところを回るのを失敗せずに行けたら多分2だったと思います。

風がなかったので仕方ないんですがんですが 少し 悔しいです。

寺西さんには勝ちたかったな!!

次回、9月7日の 練習の時の ちょっとでも 良い刺激になるように頑張ります。

 

午後からは、三重県知事との「すごいやんかトーク」

お昼からのは、三重県知事とのトークの時は緊張するつもりはなかったんですが、マイクをもらってたら、ヨットに乗るよりも体に緊張が入り声は震えていました。

普段、人と会話する時は、そんなに緊張しないんですが、ハンドマイクを持つと緊張してダメなんですよね。

土曜日に松阪で祭りがあった時も、その時にマイクをもらって歌を歌ったんですが、マイクを持つ 声がこもるんですよね。

言いたいことがスムーズに出ないんですよね。それも練習してかないとだめですかね!!

私の言いたいことは 全部入れたつもりです 少しだけ 頭の中の文違ったところはありましたが、周りの人も分かってくれたみたいなので良かったです。

三重県知事にも分かってもらえたみたいでよかったです。

これからも景山先生、練習をビシビシよろしくお願いします。

頑張ってきます。

マサユキ

| イベント | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sailability-ise.com/trackback/1236796
トラックバック