セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 10月練習 | main | クロフネファームつながるプロジェクトに参加しました。 >>
岡山パンプキンカップ参戦

レンタカーと河合車の2台に分乗して9名で参加しました。

日本のエーゲ海と称される牛窓ヨットハーバーはいつ行っても美しい。

目の前の前島、その背後には大きく横たわる小豆島、湾を取り巻く小高い山々はオリーブの木々が薄緑色に覆っている。

本当にエーゲ海のようです。

今年も、そんな絵のようなロケーションのなかでヨットに乗せてもらえたことに感謝しながら楽しませてもらいました。

穏やかな海面、弱風に振れまくり、それに加えての潮流。

見た目の優雅さとは裏腹に一旦レースが始まると景色どころでは無く狭い艇内で悪戦苦闘となるのはいつものこと。

 

2日間の2レースの結果は以下の通りでした。

2レースの結果は以下の通りでした。

303w  景山、坂本 1

303s  島田 3

2.3w  結衣、強力 3

2.3s  吉川   2

2.3s 寺西, 2.3s河合, 303s 西山 参加でしたが惜しくも入賞を逃しました。

レース途中では上マークや下マークをトップや上位で回航したりで見せ場の多い展開が多々あり健闘しました。

懇親会はいつも大盛り上がり 

岡山恒例の演奏会情熱大陸よかった!

今回も良かったこと、多くの反省も併せて楽しいお土産をいっぱい持って帰りました。

開会式で岡山の志野先生が"多くの出逢いと人生の楽しみのセイラビリティ"と挨拶されましたが、今回もこの言葉を存分に感じる事が出来ました。

参加した皆さんありがとうございました。

また、お疲れ様でした😊

牛窓の日の出は美しい

最後はやっぱりこれ

 

まだ、行った事のない人、来年は一緒に行きましょう。   

カゲ 

| イベント | 18:21 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする