セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 練習会中止 | main | ボランティアインストラクターの養成講座とZTVの収録 >>
練習会中止と三ケ日青年の家からの研修生

梅雨前線が停滞して連日の雨。前日にメーリングで練習会中止の連絡をした。

前回に続いての中止で本当に残念。実はこの日、三ケ日青年の家の職員、中村さんと外山さんの二人がヨット研修で伊勢に来ることが決まっていた。

二人ともヨットは初心者で伊勢に来ることを大変楽しみにしてくれていた。

雨の中11時にマリンビレッジ到着。昼食をとって座学を開始してまもなくなんと雨が上がってきた。天気予報では午後も雨。

これなら船を出そうと2.32艇出し実地の講習会をやることになった。強力さんと景山でまず艤装の仕方と名称の説明。

続いて同乗しての乗船指導。なぜか当然のように強力さんは中村さん(女性)の指導にまわる。それはさて置き、二人とも若くて感がいい。

すぐに独り立ちして初めての単独操船にチャレンジ。風は1から2メートルと初心者にはやさしい。振れて安定しないが例のごとくすぐにレース開始。

風も少し上がり悪戦苦闘しながらもなんとか充実した練習をすることができた。

4時前に雨が強くなる気配を感じて1日目終了。          (かげ)

| - | 11:57 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする