セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ボランティアインストラクター養成講座いComing & Try | main | 練習会「2020年8月29日」 >>
練習会「2020年8月22日」

今日は7名の参加、久しぶりの少人数です。いつものように体温を計測して練習開始。

大潮が終わったばかりで、午後にかけてどんどん潮が引いていくため艤装が終わったら早速大湊港に向かう。

下マークをトップで回航する瞳ちゃん

ところが一瞬のスキを突かれて順位が入れ替わる

 

風はよく振れるが2〜3mの絶好のコンディション。

瞳ちゃんは最近気合がはいっている。

最後に寺さんに逆転される場面が多かった。

年寄りは若い女性を労わりましょう。

瞳ちゃんがんばれ!みんな瞳ちゃんを応援しているぞ。

真幸も走り負けせずいいところがあった。

谷口さんも悔しい場面が多々あり、恐らく夜は悔しくて眠れなかったかも。

小西さん今日は不調でした。

セールを引きすぎて、上り負ける場面が多かった。

次回は挽回です!

最終レースは西山さんの圧勝。スタートから素晴らしい走り、小生も完敗でした。

 

午前中だけで、潮の引く前に早々に引き上げましたが、白熱したいい練習ができました。

暑い中にも秋の気配が感じられる風でした。

暑さも和らぎこれからが本当のヨットシーズン。(かげ)                    

 

<参加者> 7名  西山、谷口、寺西、小西、瞳ちゃん、真幸、景山

| 練習 | 18:16 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする