セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 練習日「2020年8月30日」 | main | 三ケ日青年の家二日目「2020.9.20」 >>
三ヶ日青年の家一日目「2020.9.19」

2020.9.19

セイラビリティ伊勢から2.3を5艇とインストラクター7名で、浜名湖に沿いにある『三ケ日青年の家』で体験会を二日間行いました。

みんなの手際のいいこと。あっという間にポンツーンにハンザが並びます。

初日午前は、三ケ日青年の家の所員さんの体験。

簡単に説明を受けて、インストラクターと一緒に湖面へ。

いい風も吹いて、みなさんあっという間に風をつかんでスイスイ走らせていました。

午後からは、午前中に座学を受けていた男女合わせて25名の大学生の体験。

一人30分を目途に、インストラクターと一緒に8m/s程の風の中走る走る。

水しぶきのシャワーも浴び放題で、半身浴になっていたり、歓声叫声喚声が入り混じっていました。

個人的には一通り操船について説明した後は、一緒に乗った学生さんの将来の夢や今頑張っている活動の話も聞けて、楽しい時間でした。

夕飯は学生さんと一緒にBBQ。西山さんは学生さんの中に混ざり焼き奉行に変身。

「ししょう」と呼ばれていましたよ。本人曰く「塩と胡椒を足して『ししょう』」とおっしゃっていましたが、順応性の高さに脱帽です。

インストラクターで明日はダブルスのレースをしよう!と意見がまとまり、学生リーダーに伝えると「明日はレースをします。豪華賞品があります。

商品はセイラビリティの方のハグかもしれません。」とアナウンスが。おじさんおばさんのハグではやる気が出ないかな。

学生さんの底なしの体力(夜中の3時まで語り合っていたとか?)の前に、翌日に備えセイラビリティのメンバーは就寝しました。

ちなみにお宿は10人用のバンガローでしたよ。

所員さんが気を使ってくださったのか、藤本親子は別棟でした…、が、結果として「エアコン必要」「エアコン不必要」組で就寝。

エアコンがなくても朝方は寒いくらいでした。

 

| イベント | 20:58 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする