セイラビリティ伊勢


セイラビリティ(sailability)の活動は、障害者のためのセーリング支援活動としてイギリスで始まりました。それが今では、SailingとAbilityが一緒になってできたこの言葉のように、障害者のためのセーリングでなく、障害、年齢、経験に関係なく、誰もが自由なセーリングを楽しむ活動として世界各国に広がっています。

2002年12月にセイラビリティ伊勢を発足して以来徐々に仲間も増えました。気軽にチャレンジできるヨットなので興味のある方は一緒にセーリングを楽しみましょう!障害者も健常者も一緒にヨットを通じて仲間つくりをしよう、伊勢志摩にもこの輪を広げようという熱い思いが湧き上がっています。
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
7月26日 練習
今日も朝から酷暑の中、白熱した練習をしました。
午前中は風は弱かったのですが、午後からはそこそこ吹き出して見ごたえのあるレースとなりました。
写真は下マーク回航時のバトルです!



レース結果
総合1位 畑、2位 安田、3位 島田、4位 増田

今日は珍しくシーホッパーも2艇出し、西山教官の指導の下、橋本&結衣のマッチレースと沈起こしのトレーニングとなりましたが、
沈起こしについては二人とも6、7回後には上手くなりました。

しかし、強風時はスンナリ行かないかも?
結衣は自ら西山教官に指導を乞い、本日の乗艇&沈起こしトレーニングとなりました。
沈起こしについては、ただ海に浸かりたかっただけという話もありますが・・・。
周囲の評価としては、「初めてにしては乗艇も沈起こしも上出来!」とのことでした。



 
| 練習 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
7月25日(土) 体験乗船
今日は体験乗船日でした。良い天気に恵まれ順調でした。
午前中に中須さん、上郷さん、午後に林さんにヨットを体験してもらいました。
午前中は2m/s程度の微風の中、川で練習しました。
桟橋にテントを張り、水分補給をしながらセーリングやレースを楽しみました。
オーストラリアから帰省中のなおちゃんも参加です。

午後からは沖へ出てマークを3つ打ってレース練習。
風速も3m/s程度でコースも広く取れてよい練習になりました。
アクセス2.3が5艇、303が1艇、シーホッパーが2艇(西山さん、橋本さん)とフル出艇して7レースをこなしました。
303の景山・なおちゃん組(後半はなおちゃんが単独乗艇)が終始上位を走り、2.3では前半は三井さん、後半は島田さんが良い順位でした。
スタートは全員がずいぶん上達しているように見受けられました。
下マーク(今回はフィニッシュマークと兼用)での回航テクニックはもう少し練習が必要であると感じました。

なおちゃんからの情報:来年のオーストラリア大会は11月中旬にキャンベラで開催予定
 
| 練習 | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
7月11日 練習
7月11日
梅雨期の貴重な晴天となった土曜日。
強い日差しの中、アクセス203の艤装を終えるや否や朝日丸海面に出艇し、いきなりのレース開始となりました。
 
<午前の部>
 
◆第1レース
東北東の微風の中、混戦模様となるも川本、谷口()ペアがベテランの味と新人のキレを見せつけてゴール直前で先行する郭親子ペアを逆転。
穏やかな海面には瞳姉と真幸の笑い声(なんで??)が響き渡っていました。

1位 川本、谷口()
2位 郭親子(父、息子)
3位 増田、安田
4位 田中瞳、中村()
5位 寺西、果恩

 

◆第2レース

微風と宮川からの強流の中、本気を出した瞳姉が真幸を押えつけた??
スタートダッシュを成功させ他を圧倒して一位に。
何故か郭親子艇は・・・・・。

1位 田中瞳、中村()
2位 川本、谷口
3位 増田、安田
4位 寺西、果恩
5位 郭親子(父、息子)


 
◆第3レース
増々強くなる流れと風を読んで好位置からスタートした寺西、果恩(年の差ペア)
が一位。果恩ちゃんに次のエースの予感が。

1位 寺西、果恩
2位 川本、谷口
3位 郭親子(父、息子)
4位 増田、安田
5位 田中瞳、中村()


 
<午後の部

今日のテラスは団体客貸切です。
強力会長に弁当の手配をお願いし、工場内の涼しい場所にビニールシートを広げてのピクニック的昼食となりました。
昼食後の休憩もそこそこに午後も朝日丸海面に出艇。
午前に比べ安定してきた弱風の中、熱戦が繰り広げられましたが
その結果は・・・・・
 
◆第4レース

シングル艇を物ともせず郭親子ペアが一位奪取。

1位 郭親子(父、息子)
2位 寺西(シングル)
3位 安田、中村()
4位 三井、西山
5位 増田、橋本


 
◆第5レース

最後の最後に三井・畑艇を写真判定でかわして郭親子艇が連続一位。

1位 郭親子(父、息子)
2位 三井、畑
3位 安田、中村()
4位 寺西、西山
DNF 増田、橋本
 
◆第6レース

最終レースも郭郭親子艇が余裕の一位。

1位 郭親子(父、息子)
2位 三井、畑
3位 増田、橋本
4位 寺西、西山
5位 安田、中村()
 
午後は郭親子ペアがそのセーリング術とチームワークの良さで他艇を圧倒、全レース一位を譲らず。
郭さん、久しぶりの参加のはずやのに・・・家にも帰らず!?、どこかで密かに武者修行していた疑惑が・・・・。
 
本日の参加メンバー(敬称略)
増田、安田、寺西、強力、三井、西山、川本、郭親子(父、息子)、谷口(父)、田中(瞳)、橋本、真幸、果恩、そして畑。
川本さん、谷口()さん、瞳ちゃんと果恩ちゃんは午前でサヨナラとなりました。
交代するように午後からは三井さんが参加。
 
尚、本日は景山、水野両先生が津での研修参加の為に欠席。
番頭さんは会社提出レポート(=大事な宿題)作成に焦りつつも、人数不足を心配して艤装と片づけに駆けつけてくれました。
 
以上、畑でした
| 練習 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
6/27 唯我独尊?→結衣が独走
本日の練習は、午前は曇り、無風でGMV前のイライラレースでしたが、午後からは朝日丸沖で、曇り、3〜4mの絶好のレースコンディションとなり、白熱したレースが続きました。


 
レース結果

.譟璽
1位-結衣 2位-野口 3位-寺西 4位-橋本 5位-増田

▲譟璽
1位-結衣 2位-野口 3位-増田 4位-寺西 5位-橋本

レース
1位-結衣 2位-野口 3位-寺西 4位-橋本 5位-島田

ぅ譟璽
1位-野口 2位-結衣 3位-島田 4位-橋本 5位-寺西

ゥ譟璽
1位-景山 2位-結衣 3位-島田 4位-寺西 5位-橋本
 
 ↓◆↓レースとも「ユイガドクソー」でしたが、辛うじてぅ譟璽耕椶婆邯君が雪辱、ゥ譟璽垢郎埜紊寮擇蟷イ箸靴胴気┐討い新併垣萓犬、大人げなくトップを取っちゃいました。
 
谷口さん、山本(母)さん、川本さん、三井さん、西山さん、畑さんは午前中のみの無風レースで残念でした。
 
| 練習 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
ひさびさMelo♪y
今シーズン初のMelo♪y
長らく乗船してませんでしたが、冬場(年中)中瀬古さんのお陰で船艇も綺麗に保っていただき
また、エンジンの方は、西山さんのお陰ですこぶる調子いいです!
Melo♪y
さて、本日の出航メンバーは、野口、番頭さん、ヨッシーに西山さん
ヨッシー調子良くなったE/G始動に手こずる。
なんのこっちゃない、コックの切り替え忘れでした。(笑)
ヨッシー&野口
セールは、以前から使っていなかったシエスタから譲っていただいたパリパリのジブで出航!
いや〜陸は、吹いてるから結構緊張して出て行きましたが、ちょうどいい3〜4m程度。
曇り空のお陰で暑くなく快適セーリングでした。
番頭はん
コースは、風まかせ適当に上って行くと3艇程見えたので近づいて見ると1艇は、カタマラン
後2艇は、鳥羽湾の方に入っていくのでちょっと戦闘モードで追っかけてみました。
付かず離れずセーリング楽しめました。(笑)
バウ
追っかけた艇が、機走になったのでそのまま下り赤球まで帰って来ましたが、まだまだ時間もあるので
もう一本上って結局二見沖2往復で本日のセーリング終了。

帰りに船艇内で確認したらビルジが(;´Д`)かなり溜まっていたようでした。
出航前に点検してなかったですね!雨水が、溜まってたようです。(^^ゞ

あっ!西山さんの写真がない∑(゚д゚lll)ガーン
| 練習 | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
平成27年度 第1回練習会
4月25日(土)に本年度第1回の練習会を実施しました。当日は絶好の天気と風に恵まれて、セイラビリティ伊勢の練習が開始されました。

午前中は18名が参加。2年ぶりにヨットに乗る田中瞳さんをはじめ、久しぶりの人や体験試乗に来られた方など多くの人が参加し、にぎやかで楽しい練習になりました。午前中は川で慣らしの練習ををし、午後からは湾内で7レ−スを実施しました。

午後からの参加者は10名でした。2〜4mの風速で風の強弱や風向のシフトがあり、海面も広く取れて、とてもよい練習ができました。スタ−トも良く、参加者のレベルが上がっていると感じました。

| 練習 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
11/1 水野スクール
本日のブログ担当は誰も引き受けてくれそうになかったので、強力が担当となりました。



本日の水野スクールの生徒は、寺西、藤本ファミリー3、野口ko、吉川(遅刻&早退)、強力で10:00から開始され、案の定1時間の予定が12:15終了となりました。

寺西さんは独学でヨットの名称やルールを勉強されていてかなり高度な質問が飛び出したり、藤本母はみんなが帰ってから先生とマンツーマンでマーク回航時のルールの補習授業を受けるなど、それぞれで熱心な水野スクールとなりました。

本日も声は変わらず大音響でしたが、なぜか?純日本語の講義となりました。



最後に水野先生の“迷言”二つ

「ルール上の優先権はスタボーやシモにあるが、本当の権利者はシロウトと心得て、権利を主張する前に回避することが賢明」

「シモマーク回航時、「水をくれっ!」と言われて、アカクミで水をかけてはいけないぞ!」
| 練習 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
10月4日(土)の活動
今日は、C&Tの日でした。午前中はメンバーの練習と並行して、大人6名、子供5名の人に体験乗船をしてもらいました。



天候は晴れ。風は北の風4〜5mで、時折7〜8mのブローが入るコンデションでした。
安全のため艇はリーフをし、川でやりました。ヨットは心地よく快走し、体験乗船者はみんな満足そうな笑顔でした。



午後からはいつもの海面に出て、5艇でレース練習をしました。

午前中と同じく北の風でしたので、広いレースエリアをとることができ、6レースを行いました。
風の強弱や振れが大きく、コース取りが難しいので良い練習になりました。
第5レースは全員のスタートがバッチリ決まって感動しました。前回に続いて今回も増田さんがよく走っていまし
た。



 



| 練習 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
Coming&Try
JUGEMテーマ:日記・一般

本日は、久々のComing&Tryの日

午前は、親子3組13名+松阪からTさん(脊損)1名
先週に引き続き今週も、曇りがちの天気予報に悩ませる感じですが、朝から曇りではあるが、天気も持ちそうな雰囲気
下は、1歳から上は、6?歳にしておきましょう!


前回の参加家族もお見えで安全に楽しめるヨットが、体験できます。
さすがに1歳児だとライジャケも暑いし窮屈なんでしょう泣きっぱなしで(苦笑)
ポンツーンの安田マジックで近寄ると一瞬は、穏やかになるがその後は、まあ、元気でした(笑)
ちょっと遅れてTさんも参加!

障害を受けてヨットにどう乗るのか?
来る前までは、不安だったようですが、見本を見てもらえばそう難しくないと実感できたようで、早速乗船
乗りながら話をしてたら受傷前に少し噛っていたと!
それなら話は早いので感覚を思い出してもらいつつ操船も楽しんでいただきました。
是非今後も遊びに来てください。\(^o^)/


さて、昼からは、明和サッカー少年団の子どもたち12名!
お昼から、水野先生の講義の後アクセスに乗船。


さて、予定は、2回の練習の後、最後は、子ども達だけでレースの予定。
みんな元気で怖がることもなく次から次にと楽しんで練習。
午前中は、風も弱かったが、昼からはそこそこ風も上がってきたので楽しく操船出来たかな?
さて、反省としては、子ども達にどう感覚を掴んでもらうか、一緒に乗る自分達の説明スキルを試される場でもありますね!
如何に自分達が、ちゃんとわかって乗っているか?


初めての子には、真っ直ぐ進むように説明するも中々真っ直ぐ進まない。
2人目は、先週の経験者確かにコツは、分かっているようでメインシートロックして上げるとそこそこ走れはする。
今回の反省は、風上に立てては、動かない事を口で説明してもなかなか分かってくれない。
つい立ってしまうと右か、左にと言ってしまうので多分子ども達は、分かってない。
その中でもなんでこうなるのとか?聞いてくれる子には、説明するも最後のレース結果見るとん〜?
自分の説明が、悪かったのかと反省いっぱい。

それでも、伊勢は、最後にレース!


みんな、わかってるかな?水野先生のコース説明も聞いてるのかな?
まあ、それでもレーススタートするぞ!
案の定3艇スタートラインにも付けない。
がんばれーみんな!
コースは、簡単下マーク回って帰ってくるだけ!
しかし、みんな風上がわかってなく、気がつけば風上に立って立ち往生。
もうこうなると誰が、感良く上れるか?
1艇動き出すと真似して他も動き出す。
しかしタックすると風上に立ててしまいまた立ち往生。
川に流されまた元の位置を数回繰り返す。
出遅れた船も追いつき混戦必至!


トップ数回入れ替わり最後は、303の艇が、帰ってきた。
これは、挺の差よりも感が良かった?運が良かった?(笑)
さすがに普段サッカーしてるから?勝ち負けには反応良く、負けた子たちも、もう一回!
次は、勝てる?!
まあ、本日は、これで終了!
午後は、けたたましくアッという間に終了時間!
元気な子ども達でした!
| 練習 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
8月16日練習日 二見沖迄
故郷の海を愛する会の活動その△823日に
セイラビリティ伊勢で
「ヨットに乗って風と語ろう」として、
子供達
40名を集め、ヨット体験などを計画しています。

が、、主催者としてそのヨットの操船も出来ないでは
恥ずかしいので、
ドロナワですが練習に熱の入っている
新入りの川口です。

 
今日はみんなで二見沖まで遠征との事でした。

幸運にも?一人で操船する事になり、自由に練習が
出来ると喜びました。


風も程良く吹き、防波堤の手前までは順調。
自分では快調に飛ばしていると。


でも、いつの間にか赤いヨット、青いヨットに追い越され、、
とほほ。


やっぱり、ドロナワ、付け焼き刃ではダメですね―。
同じように帆を張っているのに、何が違う???
 
二見沖でしばし帆走。

少しは二見の町、朝熊山の眺めを楽しみました。

その時、風はあるのに航行不能に陥りました。くそーー。
ヨットが言うこと聞きません。スピードが無くなり、
風に立つばかりで、
あせりました。

今までにもこの状態を何度か経験しています。

タッキングの時、スピードを保ちながら変針する事と、
注意してたのに。


そのうち何とか抜けだしましたが・・・。油断大敵。
同じ状況を防波堤の中に入ってから、再度。へたやね――。
 
今日はもうひとつ、2回目の航行不能の時、舵を切っても
舵がとれない??

チェックしたら舵の操作用ロープが片方外れてた。
力を入れて右に左に舵を切ったせいだと思います。
あわてて、結び直しして何とか復旧。

接岸後、セールをたたむ際、リーフする装置のセットが
ちゃんとされていなくて、

強力会長にお手数をおかけしました。

帆走中はリーフすること等、考えていませんでしたが、、
もっと強風になったら

リーフしようとして、キットあせった事でしょうね。
出発前に自分で艤装しました。全てしっかり
チェックする事、大事ですね。

 
まだまだわからない事だらけ。
もっと経験し、もっと上手になりたいなーー。
 
23日の為に少しは勉強になったと思う?(思いたい)
かわぐち
| 練習 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP